道  草

【更新 : 2018年8月5日】


福島県の吾妻小富士に登った。雄大で美しい景色は福島県の宝です。(2018.8.3撮影)

File0175.jpg File0176.jpg
▲吾妻小富士は火口は雄大。広角レンズのカメラでも全体を撮りきれない。右の写真はクロヅルの花。

File0177.jpg File0178.jpg
▲山頂付近にはミヤマシャジンやヒメシャジンの花が咲いていた。ラクダ山の岩肌もおもしろい。


宮城県大崎市の潟沼は沼の色が青、緑、白、黄などに変化する神秘的な沼です。(2018.7.2撮影)

File0171.jpg File0172.jpg
▲この日の潟沼の色はやや薄いターコイズ(青緑色)でした。前回見たときは乳白色でした。

File0173.jpg File0174.jpg
▲水質は強酸性。硫黄が多く含まれているようです。沼底や沼の周りには噴気がたくさん見られた。


栃木県日光市の湯ノ湖はシャクナゲとツツジがきれい。キツネもいた。(2018.5.14撮影)

File0167.jpg File0168.jpg
▲湯ノ湖を一周する散策路を歩いたらトウゴクミツバツツジとアズマシャクナゲの花がきれいでした。

File0169.jpg File0170.jpg
▲キツネが湯ノ湖の岸辺でウグイを捕まえた。子どものエサにするのか、口にくわえて去っていった。


会津美里町の白鳳山公園、イワナシとオクチョウジザクラの花が見頃(2018.4.4撮影)

File0163.jpg File0164.jpg
▲左は白鳳山の羽黒山とハクモクレンの花。右はかんのん坂に局所的に群生していたイワナシの花。

File0165.jpg File0166.jpg
▲アカマツやナラの林にオクチョウジザクラ(樹高2〜5m)がたくさん生えていて、花がきれいでした。


栃木県真岡市の井頭公園の紅葉とカワセミ(2017.11.24撮影)

File0155.jpg File0158.jpg
▲晴天の日は水面に映る紅葉がきれいです。マガモやカルガモやヨシガモがのんびり泳いでいました。

File0156.jpg File0157.jpg
▲木の葉が少なくなったのでカワセミを見つけやすくなりました。根気よく探せばきっと見つかります。


栃木県那須町のマウントジーンズのゴンドラを使って散策してきました。(2017.10.24撮影)

File0152.jpg File0151.jpg
▲左は紅葉したゴヨウツツジ、まるで花が咲いたかのよう。右はゴンドラから見た紅葉、笹も美しい。

File0153.jpg File0154.jpg
▲左はゴヨウツツジ展望台から見た朝日岳。右はその拡大写真。笹の色と霧氷のコントラストが美しい。


新潟県村上市の海岸『笹川流れ』で岩場にきれいな花が咲いていました。(2017.6.23撮影)

File0147.jpg File0148.jpg
▲黄色い丸印の辺りにスカシユリやアサツキやキリンソウ(右の写真)などの花が咲いていました。

File0149.jpg File0150.jpg
▲海岸の岩場の割れ目に生えるスカシユリ。なぜこのような過酷な環境が好きなのか。謎です。


山形県飯豊町の土砂採掘場?そばの空き地でコチドリの巣を見つけました。(2017.5.24撮影)

File0143.jpg File0144.jpg
▲一見、何もなさそうな空き地でした(左)。そこへコチドリが歩いてやってきたので暫し観察しました。

File0145.jpg File0146.jpg
▲コチドリが地面に伏せた。しばらくじっとしてから移動したので伏せていた場所を見てみたら卵が!


新潟県の角田山と弥彦山の周辺を散策して来ました。(2017.4.25撮影)

File0139.jpg File0140.jpg
▲左は新潟市角田浜。山は桜が咲き、灯台が見え、奇麗でした。右は上堰潟の菜の花と角田山。

File0141.jpg File0142.jpg
▲弥彦村の弥彦城山森林公園のユキグニミツバツツジ(左)と弥彦神社近くにいたコマドリ(右)。


福島県矢吹町大池公園にタシギ10羽来てます。(2017.2.28撮影)

File0130.jpg File0131.jpg
▲大池は水を抜いてあり干潟のような感じになっています。イカルチドリ(右)やタシギがいました。

File0132.jpg File0133.jpg
▲タシギが10羽飛中でした。泥の中にくちばしを入れてミミズのようなものを盛んに食べていました。


茨城県北部の海沿いを散策し、イソヒヨドリやウミウを観察してきました。(2017.2.4撮影)

File0126.jpg File0127.jpg
▲高萩市高戸にある高戸小浜海岸と万葉の道を散策してきました。イソヒヨドリの雄が綺麗でした。

File0128.jpg File0129.jpg
▲光藻の発生地として知られる日立市の東滑川海浜緑地。右写真はグミ島(岩場はウミウの休息地)。


真岡市井頭公園で行われた探鳥会(野鳥の会栃木支部)に参加してきました。(2017.2.4撮影)

File0122.jpg File0123.jpg
▲参加者は百人近くいてびっくり。二班に分かれて観察。トモエガモ(左)、ルリビタキ♀(右)現れる。

File0124.jpg File0125.jpg
▲アカハラ(左)は夏鳥ですがここでは冬も見られます。この他にミコアイサ、キクイタダキ、ヨシガモ
などが見れました。水飲み場にカケス(右)やシメやカラ類が来ておいしそうに水を飲んでました。


撮影機材紹介。超望遠コンパクトデジカメ(4万円)ですが、晴天時ならこんなにきれいに撮れます。

File0118.jpg File0121.jpg
▲富士フイルムFinePix S1。生産中止になってしまい残念。ぜひ後継機を出してほしい。右はアトリ。

File0120.jpg File0119.jpg
▲左はチョウゲンボウ。右はカケス。A4サイズより小さいプリントなら画像は十分きれいです。


ちょっと古い写真(ポジフィルム)を整理していて、気になった写真を紹介します。その@

File0113.jpg File0114.jpg
▲左はセンダンの種、形がおもしろい! 木の下で探してみて。右はシラキの種、ウズラの卵みたい。

File0111.jpg File0112.jpg
▲シラカンバの実を手でもんでバラバラにすると、ハトとチョウの形が現れます。チョウの方が種子。


人懐っこいリスに出会いました。(宮城県岩沼市で2016年4月5日撮影)

File0109.jpg File0110.jpg
▲落ち葉に頭を突っ込んで餌を探すリス。人の気配を感じて頭を持ち上げたら枝にぶつかった。

File0108.jpg File0107.jpg
▲青い実をおいしそうに食べた。撮影距離は約3m〜4m、こんな近距離で撮影できたのはラッキー。


ナチュラリスト横田清美事務所
E-mal;5aw22h@bma.biglobe.ne.jp
〒963-0201 福島県郡山市大槻町字殿町81-1


Bt0388.gifトップページへ     Bt0388.gif教育活動へ    Bt0388.gifネイチャーガイドへ