残したい自然地(南東北〜北関東)

【更新 : 2020年3月4日】※写真・文章の無断転載・無断使用を固く禁じます。

File6003.jpg File6010.jpg File6011.jpg File6014.jpg

〔場所名アイウエオ順〕

明智平〔栃木県日光市細尾深沢〕

井頭公園〔栃木県真岡市下籠谷〕

岩角山〔福島県本宮市和田東屋口〕

裏磐梯野鳥の森〔福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字黄連沢山〕

御田ノ神〔山形県上山市蔵王〕

潟沼〔宮城県大崎市鳴子温泉湯元地内〕

烏ヶ森公園〔栃木県那須塩原市三区町〕

木の俣渓谷〔栃木県那須塩原市百村 地内〕

麒麟山〔新潟県東蒲原郡阿賀町津川〕

五色沼〔福島県北塩原村大字桧原字剣ヶ峰〕

浄土平〔福島県福島市土湯温泉町鷲倉山〕

白河関跡〔福島県白河市旗宿関ノ森〕

瀬波温泉海水浴場〔新潟県村上市瀬波温泉〕

多々良沼公園〔群馬県館林市日向町〕

天鏡閣・迎賓館〔福島県耶麻郡猪苗代町大字翁沢御殿山〕

栃木県県民の森〔栃木県矢板市長井〕

童里夢公園〔福島県西白河郡中島村大字滑津中ツ島〕

波立海岸〜四倉海岸〔福島県いわき市久之浜町〕

瓢湖〔新潟県阿賀野市水原〕

福島潟〔 新潟県新潟市北区〕

湯ノ湖〔栃木県日光市湯元〕

霊山〔福島県伊達市霊山町石田〕


▼明智平〔栃木県日光市細尾深沢〕;第2いろは坂をほぼ上りきったところにある。標高1,373mの明智平展望台は男体山、中禅寺湖、華厳の滝の景色が素晴らしい。ロープウエイを使えば3分で明智平展望台に到着する。稜線上に軽登山ルートがあり、男体山や白根山をバックに咲くアカヤシオも美しい。
File6009.jpg File6010.jpg


▼井頭公園〔栃木県真岡市下籠谷〕;公園の中心に池があり、林が池を取り囲んでいる。見通しのよい空間が適度にあり、野鳥観察がしやすい環境だ。特に冬は多くの水鳥や渡り鳥が集まる。カワセミ、ルリビタキ、ミコアイサ、ヨシガモなど人気の鳥も見られる。鳥見亭(野鳥観察室)には望遠鏡が設置してある。
File6001.jpg File6002.jpg


▼岩角山〔福島県本宮市和田東屋口〕;岩角山(いわづのさん)は標高337mの低山で、巨石や奇岩が多数見られ、それらの石に三十三観音が彫刻されている。岩角寺(がんかくじ)周辺は杉などの巨木があり、全山が県の天然記念物に指定されている。紅葉も美しく、ムササビやフクロウが生息している。
File6015.jpg File6016.jpg


▼裏磐梯野鳥の森〔福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字黄連沢山〕;湿地帯にはサワフタギ(写真左)とミズバショウが群生する。ブナ林を登って展望台まで行けば桧原湖と磐梯山の景色が楽しめる。細野口駐車場そばの桧原湖岸にエゾミソハギ(写真右)が群生する。
File6007.jpg File6008.jpg


▼御田ノ神〔山形県上山市蔵王〕;蔵王エコーライン沿いにある湿原で、木道が整備されており、チングルマ、ハクサンチドリ、ワタスゲ(写真左)、ヒナザクラ、キンコウカ(写真右)、トウウチソウ、イワショウブ、エゾオヤマリンドウなどの高山植物を手軽に見ることができる。
File6013.jpg File6014.jpg


▼潟沼〔宮城県大崎市鳴子温泉湯元地内〕;日本有数の強酸性のカルデラ湖で、沼の色が青、緑、乳白色に変化する神秘的な湖。湖を一周できる散策路があり、斜面地から火山ガスが噴き出る噴気孔や湖底から湧き出る噴気の様子を観察できる。樹木はモミジ類が多いので秋の紅葉も美しい。
File6033.jpg File6034.jpg


▼烏ヶ森公園〔栃木県那須塩原市三区町〕;桜、ヤマツツジ(写真左)、アジサイなどが植栽されている花の名所。細長い丘状の公園で、こじんまりとした公園だが、草花や野鳥が結構見られるのでミニ自然観察会なら十分行える。花はニッコウキスゲ、ヤマユリ、ノハラアザミ、ユウガギクが多い。北斜面にはカタクリの群生(写真右)が見られる。
File6029.jpg File6030.jpg


▼木の俣渓谷〔栃木県那須塩原市百村 地内〕;木の俣川は透明度の高い清流で、やや深いところは青みを帯びて美しい(写真右)。浅くて流れが緩やかなところは水に触れたり足を入れたりできる。水温は夏でも低く、川が冷気を運んでくるので川岸に立ってみると涼しくて気持ちいい。木の俣橋から下流側には吊橋を通って周回できる遊歩道が整備されている。
File6035.jpg File6036.jpg


▼麒麟山〔新潟県東蒲原郡阿賀町津川〕;標高191mの低い山だが、シャガ(写真右)、オオイワカガミ、ユキグニミツバツツジ、クサギなどきれいな花が多く、紅葉も見事。稜線上は景色が良く、ミニ登山の雰囲気が味わえる。
File6023.jpg File6024.jpg


▼五色沼〔福島県北塩原村大字桧原字剣ヶ峰〕;五色沼自然探勝路沿いに7つ程の美しい沼が見られる。ターコイズ(青緑)を基調とする沼の色と周囲の松林の調和が美しい。
File6003.jpg File6004.jpg


▼浄土平〔福島県福島市土湯温泉町鷲倉山〕;磐梯吾妻スカイラインの頂上付近にあり、湿原の花や紅葉、火山景観が楽しめる。浄土平湿原は木道が整備されており、ワタスゲやエゾオヤマリンドウなどの高山植物を観察できる。吾妻小富士の火口壁を一周すれば360度のダイナミックな景色とミヤマシャジン(写真右)やヒメシャジンの群生が見られる。足を延ばせば鎌沼や一切経山(現在通行止)も景色が素晴らしい。
File6005.jpg File6006.jpg


▼白河関跡〔福島県白河市旗宿関ノ森〕;国指定史跡でスギやフジやナラガシワなどの巨木が茂る。地形保護のために下草刈りを行うため、春にはカタクリやキクザキイチゲなどの花が咲く。その後もニリンソウ、ウラシマソウ、マルバダケブキ、カザグルマ、ヤマトリカブトと美しい花が続くが、下草刈りのタイミング次第では花が見れないこともある。ムササビやニホンミツバチも生息している。隣の白河関の森公園では植栽された花木を楽しむことができる。
File6039.jpg File6040.jpg


▼瀬波温泉海水浴場〔新潟県村上市瀬波温泉〕;瀬波温泉街の裏手に広がる1kmのロングビーチ。5〜6月にハマヒルガオ(写真左)、ハマエンドウ(写真右)、ハマニガナ、ウンラン、スナビキソウなどの海岸植物が花を咲かせる。ヒバリやコチドリの姿も見られる。
File6021.jpg File6022.jpg


▼多々良沼公園〔群馬県館林市日向町〕;多々良沼は一周約5,6kmの広々とした沼で、林やヨシ原があり野鳥が多く集まる。特に冬は渡り鳥でにぎわう。随所に見通しの良い場所があるので野鳥観察に適している。写真右はコサギ。夕日もきれいな場所だ。
File6011.jpg File6012.jpg


▼天鏡閣・迎賓館〔福島県耶麻郡猪苗代町大字翁沢御殿山〕;皇族の別邸だった建物で国の重要文化財に指定されている。天鏡閣・迎賓館の周囲は豊かな森があり、一部は国立公園になっている。迎賓館は5月末にヒメシャガ(写真左)とシャガ(写真右)の花が咲く。秋の紅葉も美しく、ムササビやリスも生息している。
File6031.jpg File6032.jpg


▼栃木県県民の森〔栃木県矢板市長井〕;宮川渓谷(写真左)は新緑の景観が良く、春の花(エイザンスミレ、カタクリ、ハルトラノオなど)が美しい。キャンプ場周辺はトウゴクミツバツツジ、ヤシオツツジ、ヤマツツジ、コアジサイ(写真右)の花が美しい。6月に入るとヤマビルがいるので忌避剤(森林展示館で販売あり)の持参をお勧めします。
File6025.jpg File6026.jpg


▼童里夢公園〔福島県西白河郡中島村大字滑津中ツ島〕;公園の中央に二つの池があり、池の周りには雑木林やヒノキ林がある。池は水鳥が多く、野鳥観察に適している。マルバスミレ(写真右上)の花が4月末に咲く。雑木林はママコナの花(7月上旬)やヤマユリの花(7月末、写真左下)が見られ、カブトムシやチョウが見られる。ヒノキ林はウバユリの花(7月末、写真右下)が咲く。
File6017.jpg File6018.jpg
File6019.jpg File6020.jpg


▼波立海岸〜四倉海岸〔福島県久ノ浜町〕;弁天島(写真左)と波立寺周辺は海岸植物の観察によく、、オオバグミ、カジイチゴ、トベラ、ビャクシン、モチノキ、ヤブツバキ、ツワブキなどが見られる。波立海岸から四倉海岸にかけて磯が続いており、冬場はシノリガモ(写真右)の良好な越冬地になっている。
File6037.jpg File6038.jpg


▼瓢湖〔新潟県阿賀野市水原〕;白鳥渡来地として国の天然記念物指定およびラムサール条約登録湿地になっている。冬期間は水鳥の数、種類が多い。白鳥を見るなら白鳥が餌取りに出かける前の朝(日の出〜AM9時頃)に行くのがおすすめ。冬以外も野鳥観察によく、オオヨシキリ、アマサギ、ヨシゴイ、ササゴイ、オナガなどが見られる。夏はハスの花が池を一面覆いつくす(写真右)。
File6041.jpg File6042.jpg


▼福島潟〔新潟県新潟市北区〕;福島潟の北岸に自然学習園があり、遊歩道や野鳥観察舎が整備されている。野鳥が多く、オオヨシキリ、ヒバリ、カワセミ、カンムリカイツブリ、オオヒシクイなどが見られる。水辺の植物も豊富で、オニバス、ミズアオイ、ハス、ガガブタ、サワオグルマ(写真右)などが花を咲かせる。
File6043.jpg File6044.jpg


▼湯ノ湖〔栃木県日光市湯元〕;標高1,475mにある湖で周囲は約3km。湖岸には散策路があり1時間程度で一周できる。5月に花が咲くトウゴクミツバツツジ(写真左)とアズマシャクナゲ(写真右)は見事。高山の赤い鳥コマドリが生息している。
File6027.jpg File6028.jpg


File6046.jpg

▼霊山〔福島県伊達市霊山町石田〕;標高825m。奇岩・巨岩が多数あり、絶景スポットをいくつか通りながら軽登山を楽しむことができる。新緑や紅葉の季節が特に美しい。初心者の登山と紹介されているが、滑落しやすい危険個所があるので注意が必要。2019年5月11日測定の空間放射線量の値は、0.23〜0.92μSv/h(平均0.51μSv/h)とやや高い。


ナチュラリスト横田清美事務所
〒963-0201 福島県郡山市大槻町字殿町81-1
電話;090-9422-9357(8時〜22時)、E-mal;5aw22h@bma.biglobe.ne.jp


Bt0388.gifトップページへ