オオハンゴンソウの危険性と駆除方法の研究報告

〔2020年8月12日、自然観察の会ふくしま、文責・写真;横田清美〕

福島県のオオハンゴンソウの現状

 北米原産の植物で、特定外来生物に指定されているオオハンゴンソウが福島県のほぼ全域で見つかっている。オオハンゴンソウは繁殖力が強く、在来植物を駆逐して生態系や農林業に悪影響を及ぼす恐れがあるが、福島県ではほとんど駆除が進んでいない。道路脇、川沿い、空き地などで多く見られ、貴重な湿原や景勝地にも侵入している。特に北塩原村、郡山市、二本松市、福島市、南会津町、檜枝岐村、猪苗代町はオオハンゴンソウの個体数が多い。

特定外来生物 オオハンゴンソウ

File0241.jpg
▲裏磐梯五色沼付近に群生するオオハンゴンソウ


オオハンゴンソウの危険性

 当会の会員らは裏磐梯で12年間にわたってオオハンゴンソウの駆除と生態研究を行ってきた。
その結果、オオハンゴンソウには次のような危険があることが分かった。

@森林に侵入して群生すると、森林の維持管理や植林が困難になり、林業に被害をもたらす。
 ※オオハンゴンソウの除去作業に追われるようになり、費用対効果の面で林業が成り立たなくなる。将来的には森林減少や土砂崩れを引き起こす。

A初めは小群落で10年〜15年ぐらいおとなしく生育するが、環境になじむと爆発的に繁殖する。
 特に林や湿地に侵入すると脅威的なスピードで広がる。
(裏磐梯五色沼が好例)

Bオオハンゴンソウが増えると在来植物が減り、生物の多様性が失われる。

C群生すると、駆除してもすぐに再生してしまう。
 ※オオハンゴンソウの種子は土中で休眠して何年も生き続け、伐採や駆除などをきっかけに発芽する。
(このような種子を埋土種子と呼ぶ)。

D農薬に強く、通常使用の十倍の濃度でないと根が枯れない。(ラウンドアップマックスロードで実験済み)

E湿地やヤブの中や急傾斜地など人がなかなか踏み込めない場所にも侵入してしまう。
 ※湿地に入ると根張りが強力になり、駆除が困難になる。


オオハンゴンソウが侵入した貴重な自然地や景勝地

所在地 場所 群落の規模 備考
北塩原村 秋元湖および長瀬川流域 大規模 国立公園
北塩原村 五色沼の東にある湿地林 大規模 国立公園
郡山市湖南町 鬼沼周辺 大規模 湖岸沿いは国立公園
二本松市 あだたら高原スキー場 中規模 ゲレンデ内、奥岳の湯付近
福島市土湯 ビッキ沼周辺 小群落が広範囲にある ミズバショウ群生地
南会津町 屏風岩と木賊温泉周辺 中規模 景勝地、温泉地
檜枝岐村 小沢平 中規模 尾瀬登山口
須賀川市 翠ヶ丘公園 北芝生広場付近に群生 日本の都市公園100選
福島市 浄土平湿原 小群落 国立公園特別保護地区
会津若松市 赤井谷地沼野植物群落 湿原の周囲に群生 国天然記念物、日本の重要湿地
猪苗代町 猪苗代湖北岸 ヨシ原に侵入 白鳥渡来地、国の天然記念物
福島市佐原 あづま総合運動公園 ヤマユリ群生地に侵入 ヤマユリ群生地
白河市 白川関跡、天狗山、南湖公園 小群落 カタクリ等の群生地
西郷村 阿武隈川源流域 小群落 甲子温泉、下流に種拡散の恐れ

File0253.jpg File0262.jpg
▲二本松市のあだたら高原スキー場(写真左)と奥岳の湯付近(写真右)

File0261.jpg File0260.jpg
▲郡山市湖南町鬼沼、国立公園内

File0255.jpg File0257.jpg
▲郡山市湖南町舟津字江湖山、林の中に侵入

File0258.jpg File0252.jpg
▲郡山市湖南町赤津字江合磯(写真左)と郡山市湖南町馬入新田(写真右)

File0256.jpg File0259.jpg
▲会津若松市湊町の赤井谷地湿原入口付近  ▲福島市あづま総合運動公園ヤマユリ群生地

裏磐梯では駆除が追い付かず

 裏磐梯五色沼の東にある群生地では、環境省による駆除事業が2008年から2019年まで実施され、12年間でおよそ138万株を駆除したが、オオハンゴンソウの再生スピードがあまりにも速く、いまだ根絶のめどはたっていない。秋元湖の群生地はまったく手つかずの状態だ。足場の悪い場所にも侵入しており、根絶するには数十年かかるとみられる。

File0242.jpg File0243.jpg
▲裏磐梯での駆除作業の様子2018年撮影(写真左)と秋元湖の群生地2019年撮影(写真右)


オオハンゴンソウの特徴と駆除方法

【オオハンゴンソウについて】

 明治時代に観賞用として日本に持ち込まれ、庭などに植えたものが野生化した。県内では1990年代から野生化が目立つようになった。茎の高さは1〜3m。花は7月下旬〜9月上旬。ヒマワリの花を小さくしたような黄色い花を咲かせる。花の直径は5〜6cm。下方の葉は深く裂けてヨモギに似る。地下茎と種子で増える。一株当たり約1600粒の種子をつけるといわれている。外来生物法で特定外来生物に指定され、栽培、生きたままの運搬などが禁じられている。

File1852.jpg File0244.jpg
File0268.jpg File0269.jpg

【駆除方法】

 種子ができる前にスコップやねじり鎌を使って根ごと掘り取り、土を取り除いてその場で天日にさらして枯らす。その際、イモ状の根(地下茎)が土中に残らないようにする。再発しなくなるまで駆除を続けなければならない。
 人手が足りないなどで「掘り取り」が困難な場合は、応急措置として鎌などで刈り払えばオオハンゴンソウの繁殖を一時的に遅らせることはできる。
 除草剤「ラウンドアップマックスロード希釈用」を10倍に薄めたものをスポンジにしみ込ませ、オオハンゴンソウの葉(なるべく全部の葉)に塗る駆除方法もある。掘り取りよりも作業は楽で作業効率もよいが、除草剤購入の費用がかかる。

File0265.jpg File0266.jpg File0267.jpg

オオハンゴンソウが定着して間もなければ1〜3回の駆除で簡単に無くすことができる。群生したまま長年放置すると根絶に10年以上もかかることがあるので注意が必要だ。
 真夏の暑い時期の駆除作業はつらい。オオハンゴンソウを葉で見分けられれば6月頃から駆除を行うことができる。
 駆除はオオハンゴンソウが生えている土地の所有者や管理者が行うのが理想だが、それが困難なときは周辺住民や行政が助けることが大切だ。
 市町村が果たすべき役割は、駆除が困難な人の相談窓口となり、みんなで協力して駆除する体制をつくりあげること。

 オオハンゴンソウが広がってしまえば「他人事」ではなくなる。県民一人一人が「駆除しよう」の声を上げ、みんなで結束して駆除してほしい。駆除は遅れれば遅れるほど根絶が困難になり、労力や費用の負担も増えていく。できるだけ早く駆除すべきである。


この花もオオハンゴンソウの仲間です

ハナガサギク

File0263.jpg File0264.jpg

 ハナガサギクはオオハンゴンソウの園芸品種。福島県では民家の庭でふつうに栽培されている。花が八重咲きである以外はオオハンゴンソウと特徴が同じ。危険性も同じなので駆除するのが望ましい。

 

新たな問題〜イノシシがオオハンゴンソウを助ける

 裏磐梯五色沼で昨年、オオハンゴンソウが根絶したはずの場所で再発生しているのが見つかった。そこはイノシシがミミズ等を食べるために土を掘り返した場所だった。イノシシの「掘り返し」によってオオハンゴンソウの発芽に有利な環境に変わり、土中で休眠していた種子が目覚めて再発生したとみられる。また、イノシシは泥浴びが大好きなため、オオハンゴンソウの種子を含んだ泥を体に付着させて種子を運んでいる疑いがある。
 2020年7月17日、会津若松市の赤井谷地湿原でもイノシシの群れが湿原に侵入した痕跡が多数見つかった。イノシシによってオオハンゴンソウの種子が湿原の奥深くまで運ばれる恐れがある。オオハンゴンソウの駆除だけでなく、イノシシの防除対策も同時に行う必要がある。

File0245.jpg File0246.jpg
▲赤井谷地湿原で見つかったイノシシの侵入痕跡(写真左)と足跡(写真右)


※参考文献;磐梯朝日国立公園裏磐梯地区オオハンゴンソウ駆除業務報告書(2008年〜2019年)環境省


<駆除および調査の期間>
  2008年7月〜2020年7月

<自然観察の会ふくしま>
  〒960-2155 福島県福島市上名倉字粕内31番地
  ホームページ;「自然観察の会ふくしま サブ画面」で検索
  (会長)五十嵐 悟
  (事務局長)高橋 淳一

<問合せ先>
  自然観察の会ふくしま E-mal;5aw22h@bma.biglobe.ne.jp(外来種担当;横田清美